ピアノ調律,ピアノ教室は静岡,清水区,葵区,駿河区,焼津,藤枝,島田
ブログ

ピアノ調律

消音フェルトマフラーについて

K社もY社も昭和49年のピアノ騒音殺人事件以降に取付られたアップライトピノの真ん中のペダルを踏むと弦とハンマーの中央辺りにフェルトが下がり、ハンマーが直接弦を打てない様になり音量を下げる仕組みですが現在も設計が改良されて …

バックチェックが違う?

ハンマーが弦を打った後に跳ね返って来るので受け止めないとリバウンドして音がブルルンっとなってしまいます、その受け止める装置がバックチェックですが、アップライトピアノの型式はグランドピアノより性能も見た目も頼りないのです、 …

ウィングハンマーって何!?

アップライトピアノのハンマーのお尻は四角の木材をそのままカットした形です。新幹線、車、飛行機etcは空気抵抗を如何に防ぐか進行方向の先の形にこだわりますが、ピアノハンマーも打弦した後戻ってきます、しかも跳ね返ってくる訳で …

安い料金には闇があります

新聞やチラシで安い価格のピアノ調律コマーシャルで初回20名さま限定で¥5,000とかが有りますね、数十年の間ご実家などで放置してあったり、譲って頂いたりしたピアノをお孫さんが使うので調律をしましょうと言う事で依頼しますと …

形を整形して本革に張替え

ジャックがハンマーを突き上げては戻りを繰り返す運動を受ける箇所ですが、殆どのピアノが左側の合皮を使用して作られ、消耗も早く滑りも鈍い、ジャックがハンマーを突き上げて又入り込むだけなら良いのですが、グランドピアノのレペティ …

ハンマーのバックストップ

弦を打ったハンマーは2回目を打つ為に、その都度跳ね返った最後の位置で止まる動きがあります、その止める部品に多くのピアノに合皮が貼られています、経年で擦れ粕も出て止まりが悪くなります、シビアな動きに改良する為に本皮に張替え …

グランフィールを取付

磐田市のY様が浜松市にグランフィールが試弾出来ないと言うことで、遠路はるばるご来店下さいました。 結果お気に召して頂きグランフィールを取付させて頂く事になりました、それもデアパソンと言うメーカー のピアノの音色がお好きで …

ピアノ調律料金への思い

会社組織のピアノ調律は一日に最低3~4台のノルマがあります、それを達成するのには音程を合わせるのみの作業と乾燥剤(効果ゼロ売上目的)を売ってさっさと次の家庭に訪問しなければなりません、細かな調整をチェックする暇などありま …

特別なハンマー

ウィングハンマー 今まで生産されたピアノのハンマーは右の画像の様に後ろの部分が四角の木の素材をそのままカットしただけの構造でしたが、空気抵抗を受けハンマーの動きがぶれない様に、緻密な計測を元に正に飛行機の翼の様な形状にし …

フロントパンチングでがっちっと

国産でY社K社が使用している緑色のパンチングフェルトは柔らかな素材ですから鍵盤を弾いた時下に到達して凹むのでルーズな感覚が指先に感じる方がいます、しっかりしていて自然な硬めの弾力がある白い色のWurzen社最高級フロント …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © アルト楽器 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.